正しい結婚式の招待状の返信の書き方及びマナー

成人式を迎えて大人の仲間入りを果たすと、回りの同級生も徐々に結婚していき、結婚式の招待状を受け取る機会も増えるかと思います。その招待状に出席するにしても欠席するにしても返信を必ずする事になるのですが、その返信の書き方にもマナーがあります。まず、返信用葉書の宛名に友人の名前が書かれているかと思いますが、名前の後の「行」の文字を二重線で消して、「様」に書き直します。定規を使用してまっすぐな二重線を引くとより丁寧で良いかと思います。招待状の裏側には結婚式に出席するか欠席するかの確認が記載されているかと思います。

出席の場合は「出席」の部分に丸で囲みます。尚、出席の文字が「御出席」と記載されている場合は「御」の部分を二重線で消します。他にも、招待状の裏側に「御欠席、御住所、御芳名」等の敬語が使われている場合は全て、「御」又は「御芳」の敬称を二重線で消します。そして「ご結婚おめでとうございます。喜んで出席させて頂きます。」等のお祝いのメッセージを書きます。続いて、結婚式に欠席する場合ですがこの際も出席の場合と同様に「欠席」の文字を丸で囲みます。受け取った人への敬語の「御」はここでも二重線で消します。そして「御出席」の文字を二重線で消します。この際、余白に「ご結婚おめでとうございます。あいにく、出張の日程と重なってしまし、残念ながら欠席させて頂きます」等、お祝いの言葉と欠席理由を書き添えます。また、より高度な演出として敬称の「御」を二重線で消す代わりに「寿」の文字で消す方法もあります。凝った演出になりますが、「寿」の文字を毛筆で書く際に滲んでしまい、逆に汚く見えてしまう場合もありますので、自分は字が綺麗に書けると自身のある方のみ実践するのが良いかと思います。字に自身の無い人は二重線で消す方が無難かと思います。

招待状が届いた時点で必ずしも結婚式に出席できるか欠席なのかはっきりわからない場合もあるかと思います。このように予定がまだはっきりしない場合はなるべく早めに電話を入れて返信が遅くなる旨を連絡します。但し、招待状に記載されている返信期限までには必ず返信するように心掛けて下さい。結婚式の招待状が送られてくる相手は大抵の場合は親しい友人になるかと思うのでどうしても「はっきりわかるまで放っておこう」と言った事を考えてしまいがちです。出欠の返信を行わない事によって、新郎新婦のみならず、多くの関係者に迷惑をかける事になるので最悪の場合でも返信期限までには返信するように気を付けてください。