結婚式の招待状をもらったら。

結婚式の招待状の返信方法、なんとなく知っていてもちゃんとしたマナーを知らない人も多いのではないでしょうか。招待状をもらったら、ネットで検索し、正しい返信マナーを調べる人も多いのではないでしょうか。結婚式を挙げる側は、出席欠席のチャックをし、人数を調整したりしなければなりません。なので、招待状をもらったらなるべく早く返信するようにしましょう。招待状は、同窓会の招待状のように往復はがきではないと思います。結婚式の日や場所や時間など、自分の都合とてらし合わせ、出来る限り出席されると良いですね。返信の際は、行を消して様に。

出席と欠席の当てはまらない方を消し、更に選択したほうの御を消す。常識でありマナーですよね。しかし、基本的なことはもちろんするべきだと思いますが、個人的に是非して欲しいことは、何かメッセージを残すこと。相手によっては、定型文のように丁寧な一言を書く方が良いという場合もあると思います。喜んで出席させていただきます、や、残念ですが欠席させていただきます、など。ですが、相手が友人だった場合、もっと色々な言葉を残して欲しいですね。一言ではなく。それでなくても結婚式の準備と言う物は忙しいです。もちろん楽しむことも多くあると思いますが、気持ちの切り替わる時期でもある結婚前にたくさんの決めなければいけないことで忙しくなり、すれ違いや衝突などで喧嘩になったり、抱え込みすぎてマリッジブルーになる人も多いと聞きます。だったら結婚式なんてしなければ良いという結論は少し横暴ですよね。しんどいこともあった末での結婚式は一生の思い出になることでしょう。ですが、準備も大詰めで精神的に参っているかもしれない時期、招待状のメッセージで少しでも癒されることもあるのです。たとえ披露宴や受付などに頼まれなくても、手伝えることがあるのです。

実際に、そう感じた方もいます。もう全部投げてしまいたくなるような大詰めの時期、出席者の管理をしていて、大体の人が出席・欠席と一言のメッセージだった中で、友人が葉書の空きいたスペースをかわいくデコレーションして、とても心のこもったメッセージを書いてくれていたことがあり、それだけで準備の短が軽くなったという話を聞きました。マナーは踏まえたうえで、それ以上のことを出来るような人にあこがれますね。自分にとって大切な友人の結婚式ならなおのこと、近くにいなくてもできる、こんなお手伝いの方法もあること、いろいろな人に史ってもらえたら嬉しいなと思います。